子供のトイレトレーニング

久々にやってしまった長男

長男の失敗

 

今日、久しぶりに、長男が幼稚園から帰ってすぐのとき、お漏らししてしまいました。

 

とは言え、トイレに入ってしようとしたら、何か焦ってしまい、服を濡らした程度であるのだけれど、ちょっとびっくりしました。

 

もちろん怒ったりはしないで、着替えをさせて、制服を洗ったのですが、ふと、トイレトレーニングは終わるのはいつなんだろう?と疑問に思いました。

 

彼は、5歳になったばかりだけれど、まだ夜はオムツをつけて寝かせます。

 

オネショは、何となく私のなかでは、小学生くらいまでしている子もいるし、というイメージが強くて、あまり気にしないでいられるのです。

 

そんなことを思うと、まさか10歳くらいまではあることなのかな、なんて思います。

 

うちは、次男もまだ完全オムツの2歳なので、トイレトレーニングはあと何年かは続く覚悟を持たないとな、と心に書きとめました。

 

私の重要な任務!?

 

私の任務

 

私はいつの頃からか、トイレットペーパー交換という重要任務を家庭内で担う事になりました。

 

何故か私がトイレに入ると、まるでタイミングを見計らったかのように取替え時。

 

完全にペーパーがきれた状態ではなく残り僅かで取替えたいという性なのが災い?

 

してか、とにかく私が取替える頻度が圧倒的に多いのです。

 

 

ところが不思議な事に、これが他所でもやって来るようになりました。

 

私はデパート、カラオケ、空港などの公共トイレを使う場合、まずペーパーの有無をチェックする癖があります。

 

するとまさに取替え時なのです。

 

デパートなどは2つのトイレットペーパーが並列しているので一つなくなりそうでも問題は無いのですが、どうしても気になります。

 

カラオケ、空港では自分にとっても「万が一」を考えて取替えざるを得ません。

 

家庭でも外出先でもせっせと交換任務に勤しむ今日この頃です。

 

 

家族の健康を支えるのにオススメの100%オリゴ糖食品 はぐくみオリゴ