人見知りの我が子

にこにこ赤ちゃんが羨ましい

芽生えた自我は人見知り

わたしには先日一歳になった娘がいます。

 

生後半年になった時から人見知りが激しくて少し困っています。

 

赤ちゃんの人見知りはお母さんと他人をしっかり区別できているということなので決して悪いことではありませんが、娘を連れて友達とランチに行くとすると、まず待ち合わせ場所までの電車やバスで話しかけてくれたおばあちゃんに対して大泣きしてしまいます。

 

 

やっとおさまったところで待ち合わせに着くと今度は友達に対してぎゃん泣きで、毎回びっくりせてしまいます。

 

お店に入ってもオーダーを聞きに来たり食事を運んで来たりお皿を下げに来た店員さんに毎度泣くのでもう少しなんとかならないかと思ってしまいます。

 

 

大きくなるにつれこういったこともなくなってくるとは思いますが、誰にでもにこにこしている赤ちゃんをみると、なんでこんなに違うんだ、と疑問に感じます。

 

 

こんな我が子にも会いに来てくれる友達に感謝しています。

 

 

真似っ子

 

9ヶ月を迎え、さらにやんちゃ具合が進んできた娘。

 

お兄ちゃん(息子)と2人で遊んだり、お喋りする頻度も増えたこともあってか、仕草も(真似してるのか?)似てきた様子。

 

息子は食器棚からよくスプーン類を取り出して遊ぶのですが、娘も真似をしだしました。

 

2人で両手にスプーンを持ち、カチカチ鳴らしてキャッキャしたり。

 

他にも、旦那のゲーム類が入った引き出しを開け、ソフトを取り出しばら撒く息子。

 

いつの間にやら娘も加わってました…今では1人でもやります。

 

「やめて〜!」「パパに怒られても知らないよ!」と咎めるも、これまた息子の真似なのか、へら〜と笑って、かと思ったら怒る(私の怒ったときの真似をする)。

 

息子の時も思ったのですが、その真似の完成度に驚くばかり。

 

赤ちゃんだからと侮ってはいけませんね、ホントよく見てると思います。

 

そうやって成長を感じつつも、小さな怪獣が2匹になって、この先の大変さに母は今からビクビクです…。